TOP > 沿革

沿革

日の丸自動車興業株式会社の前身となる日の丸自動車株式会社は、昭和25年6月13日に創業者であります富田金重が設立し、運輸省より戦後初のタクシー事業の認可を受け、営業を開始しました。日の丸自動車興業株式会社は、昭和38年に貸切観光バスを始め、今までにないバスの車両を開発し、新たな市場を開拓し、また、多くの事業譲渡を受けて今日に至ります。
現在、日の丸自動車興業は254輌(2010年10月現在)を保有する規模の会社に成長しております。

昭和38年5月 日の丸自動車興業株式会社を設立
63東陸自旅1第634号を以て一般貸切旅客自動車運送事業(観光バス20輌)の免許を得る
7月 目黒区で観光バスの営業開始
昭和39年3月 東運輸株式会社の観光バス部門(観光バス25輌)を事業譲受
(観光バス在籍車輌数45輌となる)
昭和48年7月 本店を東京都板橋区小茂根5丁目8番1号に移転(現板橋営業所)
昭和51年4月 本店を東京都港区新橋6丁目2番1号に移転
8月 国内旅行業認可(東京都知事登録第2411号)取得
昭和58年7月 本店を東京都千代田区三崎町三丁目9番3号に移転
平成7年8月 東日本観光バス株式会社の観光バス部門を事業譲受(現新座営業所)
(観光バス認可車輌数124輌となる)
平成9年11月 八街観光株式会社の観光バス部門を事業譲受(現野田営業所)
(観光バス認可車輌数131輌となる)
平成10年7月 むらさき観光株式会社の観光バス部門 を事業譲受(現野田営業所)
(観光バス認可車輌数156輌となる)
平成12年4月 臨海副都心まちづくり協議会様の協力を得て、 臨海副都心での日本初の無料巡回バス『ベイシャトル』の運行開始
平成13年4月 神奈川県相模原市に営業所新設
平成15年8月 日本初の東京電力様と共同開発した【ニュージーランド製タービンEV電気バス】導入
8月 電気バスでの無料巡回バス『丸の内シャトル』の運行開始
(観光バス認可車輌数210輌となる)
平成16年3月 電気バスでの無料巡回バス『メトロリンク日本橋』の運行開始
9月 【ビジット・ジャパン・キャンペーン実施本部】
【財団法人 東京観光財団】及び【千代田区】のご後援をいただき『スカイバス東京』の運行開始に至る
平成17年11月 成田市に営業所新設
平成21年1月 関自旅第一1085号を以て一般乗合旅客自動車運送事業の免許を得る
1月 成田営業所廃止
6月 『スカイバス東京』定期観光バスとして運行開始
12月 相模原営業所を閉鎖し、神奈川県横浜市戸塚区に横浜営業所として新設し営業認可取得
平成22年2月 都自動車観光バス部門をグループ会社のHMC東京に事業譲受
8月 都自動車乗合バス部門をグループ会社のHMC東京に事業譲受
10月 エアポートバス株式会社を事業譲受
新成田営業所として営業認可取得
平成23年8月 野田営業所廃止
平成24年6月 乗り降り自由定期観光バス『スカイホップバス』運行開始
平成25年3月 江東区で水陸両用バス『スカイダック』運行開始